WE ARE HERE
SINCE 1915
歴史
icon.location

2020
アルゼンチンへの地理的拡大

FarmaMondoは、アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイにおけるインフラストラクチャの更なる強化を目指し、アルゼンチンに拠点を設立することにより、中南米、及びメキシコにおける存在感を強化しています。

2019
メキシコへの地理的拡大

FarmaMondoはメキシコでの地位を確立しました。

2018
バルト三国への地理的拡大

FarmaMondoは、バルト三国とウクライナのインフラを強化するためにリトアニアに子会社を設立しました。

2017
北欧諸国への地理的拡大

FarmaMondoは、デンマークに子会社を設立することにより、北欧に進出し、北欧5か国をカバーしています。

2014
ロシアとCIS地域の開拓

FarmaMondoはロシアとCIS地域に進出し、ロシアにおける未承認医薬品及び専門科の商品化サービスのパイオニアとなっています。

2013
グローバル化

FarmaMondoは中南米及びメキシコに進出し、アクセス、及び流通インフラストラクチャを設定しています。ブラジルにFarmaMondoにとって最初の海外子会社が設立されました。

2012
リーダーシップの移行

FarmaMondo SAとFarmacia Centraleは、もはや家族経営のビジネスではありません。投資家グループとファーマの経験豊富な起業家達が率いる新たなリーダーシップが参入しました。FarmaMondoの新しい時代が始まります。

2008
スイス市場で最初に受賞したマネージド・アクセス・プログラム

FarmaMondoは、アンメット・ネームド・ペイシェント・ニーズに対応するため、マネージド・アクセス・プログラムの確立を目指すイノベーターと初めて提携しました。

90年代
機能と規制

創業70年、FarmaMondoは、スイスのビジネスDNAに基づき、常に責任ある持続可能な方法で運用することにより、時の試練に耐えてきました。メディカルニーズと当該規制の進化に伴い、FarmaMondoも発展し、国際的な未承認医薬品の供給に焦点を合わせた堅実な医薬品サービスビジネスを築きました。

80年代
FARMAMONDOの国際進化

インターネットの導入に伴い、FarmaMondoはスイスの医薬品アクセスを提供する主要ブランドとして広く認知されるようになりました。FarmaMondoは医薬品アクセスを提供するシンプルなWebページを通してヨーロッパやアジアの多くのヘルスケアプロバイダーの供給パートナーになります。

1982
FARMAMONDOの誕生

ベルナスコーニ氏は、輸出業務を拡大することを決定し、スイス・ホールディングカンパニーを設立します– こうしてFarmaMondo SAが誕生しました。ベルナスコーニ氏は、医薬品アクセスを国際レベルに引き上げるという自身のビジョンを反映するブランド名を選びました。Farmacia Centraleは、FarmaMondo SAの派生会社であり、地域社会のみに焦点を当てています。

1975

ベルナスコーニ家の3世代目で、チューリッヒで教育を受けた若い薬剤師ベルナスコーニ氏がFarmacia Centraleの経営を引き継ぎます。

1915 – 1970
国境を超えてペイシェント・ニーズに応える

20世紀に発展したスイスの製薬市場は、世界の最先進市場の1つとなり、その結果、隣国イタリアの患者や医師による国境を越えたスイスの治療法への需要が高まりました。Farmacia Centraleは、イタリアや他の近隣諸国のアンメット・ニーズに応える越境供給を開発しました。

1915
創設年

現在のFarmaMondoグループのルーツであるFarmacia Centraleは、スイスの小さな国境の町キアッソの中心に私立薬局として設立されました。ベルナスコーニ一家は薬局を経営し、数千人の地元住民のニーズに応えていました。

当社のチーム
がお助けします

お問い合わせ